好意の5段階と見抜き方・好意の上げ方であの子が脈アリか脈なしかを見抜く/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決
メールの返信

好意の5段階と見抜き方・好意の上げ方

恋愛において誰もが気になるのが、相手は自分のことを好きなのか嫌いなのか?好意があるのかないのかということです。脈あり・脈なしとも言いますね。

同じ相手でも、自分のことを「好き」なのか「嫌い」なのかでは、どう接すればいいかは大きく違ってきますよね。だからみんな相手の好意を知りたがります。

とは言っても、多くの人はそこで大きな間違いを犯しています。

「好き」か「嫌い」かだけで判断するのは恋愛の大きな間違い

それは、相手が自分のことを「好き」か「嫌い」かだけで判断しようとするんです。
よく花の花びらを1枚ずつむしりながら「好き」「嫌い」「好き」・・・とやっていったりしますよね。

でも、人間の好意は2つだけではないんです。

あなたの知り合いの女性を5人くらい思い浮かべてみて、あなたがそれぞれどのくらいの好意を持っているかを考えてみてください。「好き」と「嫌い」しかいませんか?もっといろいろありますよね。「普通の友達」「好きではないけど嫌いでもない」とか、「いい友達だけどそもそも女としては興味がない」とか。人間の好意は「好き」か「嫌い」かの2つだけじゃないんです。

自分が相手を好きだから「好き(両思い)」か「嫌い(両思いじゃない)」かで判断してしまい、なぜか「好きではない=嫌い」と考えてしまうところが恋の恐ろしいところでもありますが、普通に考えたら好きでも嫌いでもない人が一番多いですからね。そこからどう好きにさせるかが一番大事なんです。

この”そもそもの部分”を間違ったままでいくら戦略を立ててもうまくいきません。「好き」「嫌い」だけじゃなくその間にもっと段階がたくさんあります。

そうは言っても、あまり細かく分けすぎても今度はどう対応したらいいかがわからなくなります。

だから、好意を「それがわかっていればどう接すればいいかわかる」という5段階に分けて、その5段階を正確に把握し、各段階ごとにどういう行動をすればよいかを知っていれば、「うまくいくべくしてうまくいく恋愛」ができます。

では、その好意の5段階とは実際にはどんなものでしょうか?

好意の5段階とは?

好意の5段階は、「好き」「嫌い」だけでなく、5つの段階に分けて相手の好意を判別します。具体的には以下の5つとなります。細かく分ければもっと分けることもできますが、細かく分けるほど複雑で難しくなってしまうので、基本的にはこの5つの段階で考ることができれば十分です。

  1. 好き
  2. 好感
  3. 普通
  4. 興味なし
  5. 嫌悪

それぞれの解説はこの後にしていきますが、相手の自分に対する好意の段階はどこにあるのかを知り、そしてその好意の段階ごとのアプローチをしていけば、「お互い好き同士なのに進展しない」とか、「誘うのが早すぎて引かれて嫌われた」とかそういったことを防ぐことができますし、「告白してOKかどうか」、まだOKじゃないならどうやってOKまで持っていけばいいか、なんてこともわかってしまいます。

好き

その名の通りあなたのことが好きな状態、相手があなたに惚れている状態です。最終的にこの「好き」の段階まで好意を上げることを目指します。

あなたのことを「好き」な相手には、あなたの好きなことをすることができます。
告白をすれば付き合えるし、デートに誘えば喜んで来てくれるし、Hをすることもできます。また、「俺の友達に友達紹介して」と言って合コンを開いて女友達を紹介してもらうこともできます。

好感

これは、まだ「好き」というほどではないけど「この人いいかも」と思われている段階です。友達以上恋人未満という感じですね。

あなたに「好感」を持っている相手には、好意を積み重ねて「好き」の段階まで持っていきます。ここで「いい感じだ」と焦って告白をすると、まだ早い可能性があるので、「好感」の段階では「好感」の段階でするべきこと、つまり焦らずにより好感度を上げ、「好き」まで持っていく必要があります。

確実に口説きたい場合はここで焦らず、「好き」の段階まで持って行くことが重要です。

この「好感」の段階のときに重要なのは、ちゃんと異性としての好感度を上げていかないと、時間と共に「良い感じと思ってたんだけどね」と好感度「普通」まで格下げされてしまいます。「好き」に上がれるかどうかの重要な時期、力を入れるべき時期です。

イケメンや高ステータス、お金持ちや話が面白い人は初対面からこの「好感」からスタートできるケースが多いのでかなり有利です。しかし、よほどの超イケメンでないかぎりは「好き」からはスタートせずこの「好感」からなので、有利ではあるけどそこから「好き」まで上げることができずイケメンなのにモテないという人が多いんですね。もったいない・・・

もしこの時期にいるならチャンスなので好意の5段階(メールの返信)の内容をじっくりと読み込むことをおすすめします。

普通

これは普通の女友達のような関係です。あなたがイケメンでない限りは、通常はこの普通の女友達になることからがスタートなので、ここからどう好感度を上げていくかは重要です。

普通の段階の相手はある程度仲が良くなれていて、メールやLINEを送っても変な内容でなければちゃんと返ってきます。でもまだ友達以上には思われていません。「普通」の段階の相手は女友達だと思うとわかりやすいかもしれませんね。

女友達が少ない人、女性経験が少ない人は、この段階で「もう行けるんじゃないか」と思ってしまい、焦って告白して「友達としてしか見れない」「いい人なんだけど・・・」と撃沈してしまいます。

普通の段階の相手には、まずは好感を積み重ねていくことが重要です。

この段階で通用するのが単純接触の原理などです。とにかく、焦らずにまずは男としてではなく「人としての好感」を得ていくことからスタートする必要があります。

そして、ある程度仲良くなって、普通から好感に上がる時に有効なのが、恋愛相談や恋愛話などです。友達だと思っていたけど男としての一面を見せて異性としての好感を得るんですね。

興味なし

興味なしの段階は、仲が悪いわけではないけど「男としては無い」という判断を下されてしまった状態です。「友達としてはいいけど恋愛対象としては見れない」という感じです。

「普通」の状態なら会えば挨拶もするだろうし、メールやLINEを送れば返してくれるのが当たり前ですが、「興味なし」の場合は会っても挨拶もしてこない(あからさまに無視はしないけど、むこうから声をかけてはくれない)という女性も多いです。

あなたのまわりにも「友達や仕事の関係でつきあうのはいいけど、手をつなぐとか彼女にするのとかはちょっと・・・」という女性っていますよね。そんな感じです。

そういう人からいきなりデートに誘われたら・・・ちょっとイヤですよね。でも、「昼休みにみんなでランチに行こう」くらいの軽い誘いなら別にいいと思うでしょう。そう、この段階では「デート」ではなく「軽いランチ」「みんなで会う」というところから好意を上げていく必要があるんです。

メールやLINEを送っても必要なら返信してくれるし内容に興味がなければ普通に無視されます。ただ、この段階では「嫌われている」と勘違いしやすいですが嫌われているわけではないです。ちゃんと正しく時間をかけて対応すれば「好き」まで持っていけますよ。

嫌悪

そして「嫌悪」の段階はその名のとおり「嫌われている」という最悪の状態です。

基本的には初対面でいきなり嫌悪でスタートということはまずありません。よほど不潔にしていたり「生理的に無理」という場合はありますが、基本的には初対面で嫌悪ということはなく「何か失敗したとき」にこの嫌悪になります。

告白が重すぎて引かれたとか、興味なしの相手をしつこくデートに誘ってしまったとか、ふられてしまった元彼女とか。しかし、この段階でも時間はかかりますがちゃんと焦らずにやれば復活する方法はあるので安心してください。

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に
復活させて彼女にする方法
より一部抜粋

知り合いになる前の相手は?

基本的にこの好意の5段階は知り合ってからのものです。
残念ながらまだあまり話したことがないかわいい子は「興味なし」と同じくらいで考えておきましょう。

友達になる前の段階、「知り合い」「顔見知り」という感じ、同じクラスや同じ職場だけどほとんど話したことがない女子とか、あまり話したことがない「友達の友達」など、普段話さないから街で会っても気まずいから挨拶とかしないような感じの相手は「興味なし」と同じくらいの好感度だと考えていいです。

この段階では焦らずにまず「知り合い」として認識されることからスタートし、そうなったら次は「普通」の段階を目指して1つ1つステップを進めていくことが重要です。

ここの段階の相手が好きという人も多いので、ここからどう接点を取り、知り合いと認識され友達のような関係まで高感度を上げていけるかは重要なのですが、好意の5段階からは話がずれてしまうので、この段階の相手を口説きたい場合はブサイクでも女性と仲良くなりつつ好きにさせる方法を参照して下さい。

連絡が取り合えるようになってはじめて好意の段階は正しく見抜くことができるようになります。

好意の段階の見抜き方

好意の段階の見抜き方は女性のしぐさから好意のサインを読み取る方法でいくつか重要なポイントを書きましたが、こちらの起こした行動に対して、相手がどういう反応をしたかを見る、そして 「言葉」ではなく「反応」を見ることです。

「普通」と思っていたら「興味なし」だった(友達としてはいいけど恋人としては無しと思われていた)とか「もしかして俺のこと好きなんじゃ?」と思っていたらまだ「好感」で「もう少しだったのに対応で失敗した」とか、全然「普通」だったということはよくあります。

また、告白をしたとか好意を伝えたとか、デートに誘ったとか何かアクションを起こしたりすれば相手の好意の段階が変わる(上がることも下がることも変わらないこともある)ので、何か変化があったときにはチェックする必要があります。

告白してみれば好きだったかそうでなかったかはわかりますが、告白やデートに誘うのは好意の段階が普通以下だと重いので、失敗したときは関係が気まずくなって一気に「興味なし」や「嫌悪」に下がってしまうこともあります。

そうじゃなく、リスクの無い好意の判別方法もちゃんとあります。

好意の5段階についてより詳しく

「好き」か「嫌い」かで考えるのではなく、この5段階で考えると、「好き」でも「嫌悪」でもない状態が一番多いのがわかると思います。

なのに、「好き」か「嫌い」かで考えていたのではそもそも状況の把握が間違っています。

これからは相手の好意が気になった時は「好き」か「嫌い」かではなく、この好意の5段階で「好き」「好感」「普通」「興味なし」「嫌悪」で考えてみて下さい。

この5段階の好意を指標にして、女性のしぐさから好意のサインを読み取ることができれば、これほど強いものはありません。

この好意の5段階については、浅井真さんという方の理論に基づいています。

浅井さん本人による解説は浅井さんのサイトに書かれている好意の5段階とその見抜き方を参考にして下さい。

メールの返信すらくれない女をいとも簡単に 復活させて彼女にする方法」というタイトルのサイトなので、メール術か何かの違うサイトに思えるかもしれませんが、合っています。このサイトで好意の5段階についてのより詳しい説明がされています。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信