「会う回数が増えるほど好きになる」単純接触の原理は本当?/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

「会う回数が増えるほど好きになる」単純接触の原理は本当?

恋愛本や心理学などで「会う回数が増えるほど好きになる」というのはよく聞きますよね。

人は会う回数が増えるほど好きになっていく。
⇒ だからとにかくたくさん会えば恋愛関係になれる!

これって本当?

心理学で言う「単純接触効果」によって一見証明されたようなこの理論・・・
実はこれ、「超勘違い」なんですよ。

「単純接触効果」は恋愛には発展しない理由

心理学の「単純接触効果」を否定しているわけではありません。
たしかに、単純接触効果によって会う回数が多いほど親近感が湧くのは事実です。

でも、それは「友達として」のレベルまでなんです。
親近感は湧いても恋愛感情が湧くわけではないんです。

例えば、TVで初めて見る芸能人。別に何とも思わないですよね。
でも、ドラマに出ていたり、何度か見たりすると親近感がわいてきます。

これが単純接触効果。

すれ違っても何も思わないようなただの他人から、「知ってる人」へ。
会う回数が増えれば、「同じクラスだけど話したことない人」程度の関係に。ここではまだ逆に気まずい関係です。

そこから一歩進んで・・・

「 共通の友達と何度か一緒に遊びにいった」
「文化祭の準備で同じことを担当した」

何度か会ううちにこのくらいの「親しい人」と言える関係になります。
ここまでが単純接触効果。

単純接触効果で仲良くなれるのはここまでなんです。

「好きになる」と書かれていますが、これは”恋愛対象として”好きになるという意味ではなく、”人として”好きになるという意味です。

ただ会うだけなら、恋愛には発展しません。

じゃあ意味が無いのかというとそんなことはなく、好きにさせる前にまずは仲良くならないといけないので、意味はあるんです。

ただ、それだけで好きにはなってくれませんよということ。好意の5段階の「普通」までなんですね。単純接触効果で仲良くなったら次のステップに進む必要があります。「好感」までは他のスキル(外見がいいとか会話術など)がないと進めません。

その方法はページの後半で書きますが、「会う回数を増やすだけで異性として好きになってくれる」いいと勘違いしている人が多いので間違わないようにしてくださいね。

会う回数で恋愛に発展してる人はどうしてるのか?

「ただ会うだけなら、恋愛には発展しません。」と言うと、このように思うかもしれません。

「でも、実際に会う回数を増やして恋愛に持ち込んでいる人もいるし、
 自分も過去にそういう経験があります!
 だからあなたの言っていることは間違っています!」

わかります。たしかに会えば会うほど好きにさせる男もいるし、そういう経験がある人もいるでしょう。でも、会う回数が増えるだけで好きになるなら、「何度も会ってるけどいつまでたっても友達から抜け出せない」 ってことが起こるわけがないですよね。

そもそもこの理論だと毎日会う同じ職場の異性や同じクラスの異性全員好きになることになります(笑)そうではないですね。

でも、会う回数が増えるほど恋愛に発展していく人もいる。これはなぜかと言うと・・・

実際に会えば会うほど”恋愛対象として”好きになる場合というのは、会うたびに何らかの形で異性としての魅力を見せていった場合です。会話していて楽しい、好意を見せるのが上手い、イケメンである、そんな魅力が上乗せされているから会えば会うほど好感度が上がっていくんです。

例えば有名なサイト90日でブサイクでも彼女を作れる方法では、女友達として仲良くなりつつ男としての魅力を見せていく方法が書いてあります。

これをやる必要があるんですよね。

恋愛本を書くような人というのは、だいたい魅力があります。
イケメンだったり、頼りがいがあったり、会話が上手かったり、ステータスがあったり・・・
だから、会えば会うほど魅力を見せていけて、そして相手は好きになるんです。
「単純接触効果+会うだけで魅力を与えている」という感じです。

”ただ会うだけ”じゃ恋愛関係にはなれませんよ。

ショックですか。
でも、まだ続きがあります。ここからはいい話です

恋愛対象として好きにさせるには

何度も会えるということは、それだけでは恋愛対象として好きにはならなくても、かなりいいところまでは来ているんです。

人として好き、ということは、少なくとも相手と接点を持てています。
連絡を取ることができたり、会うことができるということです。大きな下手打ちをしなければ連絡を取り続けることができます。

そして、先ほど書いた一文をよく読んでみて下さい。

−−−−−−−−−−
実際に会えば会うほど”恋愛対象として”好きになる場合というのは、
何らかの形で男としての魅力を見せていった場合か、
イケメンで会うたびに好意が上がっていった場合だけなんです。
−−−−−−−−−−

つまり、”魅力を与える正しいやり方さえ知ってしまえばいくらでもチャンスがある”
ということです。

魅力を見せる方法

魅力を見せる方法は、一つだけじゃなくいろいろあります。
かなりのイケメンで会話も上手いなら会うだけでいいので簡単ですが、普通は仲良くなりつつ男としての魅力を見せていく方法が必要です。90日でブサイクでもかわいい女を落とす方法のようなイケメンじゃなくてもできる方法で

会話術であったり、好意の5段階のような相手の好意レベルを見抜きつつ適した対応をして好意レベルを上げていくことだったり、頼りがいを見せることだったり守ってあげることだったり、共感力や、強引さ、駆け引き、かっこいい肉体美、目力、ファッション、心理学、洗脳術・・・たくさんあります。相手によってはエロトークをすればムラムラしてできる子も中にはいます。

だから、武器(魅力や方法・テクニックなど)をたくさん知っているほうが強いということです。

どんな武器を持てばいいか?

では、どの武器からまず身につければいいのかという話になりますが、どの武器が効くかは相手によるのですが、一番いいのは、あなたに合った武器を強化することです。

あなたに合ったというのは、得意分野を伸ばすにしろ、苦手分野の克服にしろ、”あなたが「身につけたい」と思い、行動できるもの”です。

人間やりたくないことはしたくないんです。だから挫折してしまうんです。
だったら、まずはやりたいことのレベルを上げていく。

スポーツだってそうです。
バスケが好きで練習が苦にならなければ上手くなります。でも、好きでもないのに「君、今日からバスケ部ね」と勝手に決められたなら、たとえ上手い人でも練習に身が入りません。 「バスケ上手くなりてぇ!」っていう気持ちが練習を苦じゃなくするんです。

恋愛ではいろんな武器(魅力や方法・テクニックなど)があるので、自分が身につけたいと思うものを選んでください。

ドラクエなどのロールプレイングゲームの魔法に似ていますね。
どんな魔法を覚えていくのか?

メラからメラミ、メラゾーマと「同系統のより強力な魔法」を覚えて、火に弱いという”特定のタイプの敵には絶対負けなくなる”のか、メラを覚えたらバギ、ヒャドなど「たくさんの系統の魔法」を覚えて、”どんなタイプにもそこそこ対応できるようになる”のか・・・これはあなたの戦略次第です。(ドラクエわからない人、すいません)

戦略次第ですが、やはりおすすめなのは、まずは”一つをできるだけ極めること”です。
みんな後者の”どんなタイプにも対応できる”ことを目指し、いろんな知識を身につけようとします。 でも、どれも中途半端で結局使えないんです。

敵が現れたとき「ああ!どれを使おう!火に弱いのかな?氷がいいかな?どうしよう?」と迷い、行動が遅れ、しかも威力も弱い。

1つを極めてればどんな相手が現れても「俺にはこれしかないから。メラゾーマ!」。火が効かない敵だったらダメージを与えられませんが、少しでも効くなら威力の強い魔法で大ダメージを与えられます。火に弱い敵なら一撃です。

恋愛に置き換えて考えると・・・

「押しが強い男」は「押されると引いてしまう女性」には弱いけど、「押しに弱い女性」には強いですよね。超押しが強ければ普通の女性も押しで好きにさせてしまいます。

「頼りがいのある男」は「何でも自分の思い通りにしたい女性」には弱いけど、「守られたい女性」には強いですよね。

でも、「そこそこ押しが強い男」はたいしてモテません。「そこそこ頼りがいがある」くらいだと、なかなか頼りがいを見せる機会もないでしょう。

だから、まずは1つを極めるつもりで極めていくのが恋愛においては正解です。その1つを余裕を持って使えるようになったら、次の武器を身につけていけばいいじゃないですか。

で、結局何を身につければいいのか?という話になると思うのですが(笑)
もしそこで迷うなら、一番のおすすめは90日でブサイクがかわいい女を落とす方法のような顔がよくなくてもできる方法です。

でもこれ、まだ「知り合う→仲良くなる→好きにさせる」という一連の流れができない人には一番いい方法なのですが、ダイエットをするのに運動と摂取カロリーの話をするのと同じで「一番手堅いのにみんな嫌がって他の方法を知りたがる」んですよね。「だから痩せられないんじゃん・・・」という話なんですが。なんか「すごいことをやった気分」になれないのが嫌なんでしょうね。ライザップだってダイエット合宿だって結局は運動と摂取カロリーなのに・・・

で、もうちょっとすごい「他人が知らないようなテクニック的なスキル」を身につけた気分にもなりつつできるのが好意の5段階を身につけることですね。これも身につけたら恋愛においては最強と言えるくらいのおすすめのスキルなのですが、身につけるまでにけっこう練習がいります。相手が必要ということですね。

なんかスキルを身につけた気分にもなりつつ、女性以外でも、例えば友達や家族相手にも練習できるスキルは「会話術」です。

どんなターゲットに対しても有効な会話術

会話術はどんなターゲットに対しても有効なのでまあ身につけておいて絶対に損はありません。

会話術にも段階があり、まず基本の会話術を覚えたら、
いい女専用の会話術”(口説かれ慣れている女用の上級会話術)などもあります。(メラゾーマですね笑)

しかも、会話術ならどんな女性にも対応できるので”万能型の魔法”という感じです。

会話術があれば、女性と仲良くなり、仲良くなった女性に友達を紹介してもらうこともできます。 そうすれば出会いにも困らないですよね。

参考:単純接触効果(Wikipedia)

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信