女性のしぐさから好意のサイン・脈ありサインを読み取る”本当の”方法/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

女性のしぐさから好意のサインを読み取る”本当の”方法

女性のしぐさから好意のサインを読み取る方法
視線や仕草など、言葉には出さないけど、
微妙な合図で出す「好意のサイン」

恋愛において、女性のしぐさから好意を読み取ることができれば、これほど強いものはありません。

ある人類学者の話によると、「好きになり方は人それぞれですが、世界中どこの国を見ても、だいたい女性から最初に「好き」という合図を出す」そうです。「言葉には出さないけど、視線や仕草など、微妙な合図で「好意を持っている」とのサインを出す」との事です。

つまり、女性のしぐさから好意のサインを敏感に察知できる男はモテます。普通の男が相手の好意に気づかず、先に進めないと悩んでいる中で、好意のサインに気づければチャンスを逃さず一気に仲を進展させていくことができます。

女性のしぐさから好意のサイン(脈ありサイン)を読める?

女性のしぐさから好意を読み取る方法は、心理学的なものや占いのようなものまで、恋愛本や雑誌などでいろいろ言われていますね。
よく言われているものをあげれば、こちらと同じような姿勢をするのは好意がある証拠とか、目がよく合うのは気がある証拠とか・・・

正直な話、【あまり参考にならない】と感じてはいませんか?

「おれに気があるんだ」という勘違い

こういった本を信じてしまうと、間違って好意だと思い、勘違いしてしまいます。
女性の営業スマイルを「自分に気があるのか」と都合よくとらえてしまう男性はいますね。

デートをして、男性は「ものすごく楽しい時間を過ごした」と感じ、女性のほうは「ものすごく苦痛な時間を過ごした。一生懸命に話題を振って疲れたので、二度と会いたくない」ということもよくあります。同じ時間を過ごしたのにこの解釈の差。一般的に男性の方が都合のいい解釈をしがちです。

一方で、女性が一生懸命に好意のサインを出しているのに気づかない男性もいます。

よく言われている女性の好意のサイン(しぐさ)

よく言われる女性の好意を判別するサインやしぐさは、たとえばこんなものがあります。

  • 近い距離で会話をしてくる
    相手から近づいてきて近い距離で会話をしてくるときは、経験上好意がある場合が多いです。
  • 話していて笑顔が多い
    一緒にいてつまらない相手には笑顔は見せませんが、多少の笑顔は誰でも見せるし普通に笑顔が多い人もいるので、慣れるまでは判断材料としては微妙です。
  • 去り際に振り返る
    駅などでバイバイした後、あなたが去るまで立ち止まって見送ってくれるようであれば、かなり好かれていると思って間違いありません。
  • メールにハートの絵文字
    これは、ハートマークの絵文字は好意のサイン?にも書きましたが、よくある勘違いのひとつですね。ただし、”嫌いな人にはハートは絶対使わない”という女性が多いので、嫌われてはいないというサインにはなります。(そもそも嫌われていればメールもしないかもしれませんが)
  • メールの返信が早い
    これも、好意とは関係なく返信が早い人と遅い人がいますよね。普段メールの返信は遅いけどあなただけには即レスなら好意があると言えますが、そこまであからさまな子はなかなかいませんよね。
  • 用もないのにメールをしてくる
    これは好意がなければしてきませんが、さみしがり屋でヒマになると誰とでもメールをするという子もいます。

このように、実際に使えるサインもありますし、使えないものもあります。
恋心なのか、ただの優しさなのか、そういう性格なのか、仕事(営業・マルチの誘い・キャバクラなど)なのか?

たとえば一番難しいのが「笑顔」。
営業スマイルと素の笑顔の判別って、慣れないとけっこう難しいものです。そして多くの男性は営業スマイルにやられて「おれに好意がある」と勘違いしてしまいます。

接客のための笑顔を自分への好意だと勘違いをしていることもありますし、逆に今まで気づいていなかっただけで、身近な女性があなたに好意を持って好意のサインを発しているかもしれません。

好意を読めるというのは恋愛においては非常に役立つスキルです。

本当に使える好意のサイン判別方法は

経験上、実際に女性を口説く場面において、本などに書かれているような女性のしぐさから好意を判別する方法は、参考程度にはなりますがあまり役に立ったためしがありません。

たとえば笑顔は上記で言ったとおり本音か営業かわかりませんし、去り際の振り返りも、好きでも全然しない子もいます。

本に書かれた好意のしぐさはアテになりませんが、実際に役に立つ、というよりむしろ今となってはこれなしでは口説けないとさえ思えるような好意の判別方法もあります。 相手の女性が嘘をつけない、かなり確率の高い方法で相手の好意がわかります。
これは本などには決して書かれていない内容です。

ここではその本質的な女性のしぐさから好意を読み取る方法を教えようと思います。

これが分かれば、

  • デートに誘ってOKか?
  • ホテルに誘ってOKか?
  • 断られたときに「本当に都合が悪かったのか(また誘ってほしいのか)」、もしくは「本当は用事などなかったのか(単にイヤだから断ったのか)」
  • 告白してもOKか?まだ早いか?
  • 手をつないでOKか?まだ早いか?
  • キスをしてもOKか?まだ早いか?
  • 「好きだ」という好意をこちらから言ってOKか?

等を女性の行動から”かなり高い確率で”読み取ることができます。
雑誌や本で書かれているような「女性の好意を読むしぐさ」で、ここまでの内容がわかりますか?
わからないですよね。

本当に極めてしまえば最強ともいえるこのノウハウ、詳細は好意の5段階(メールの返信〜)を詳しく読むとちゃんと書かれているのですが、「続きはこちらのサイト参照!」では感じが悪いので、ここでは著作権に触れない範囲で伝えられる部分はお伝えしてしまおうと思います。

上記サイトの作者からクレームが入ったらこのページは削除するかもしれませんので、今すぐ真剣に読み進めてみて下さい。

女性のしぐさから好意を読み取るうえで重要なこと

いきなりですが、最も重要なことをお伝えします。

女性のしぐさから好意を読み取る重要なポイントは、”こちらの起こした行動”に対して、相手が”どういう反応をしたか”を参考にする必要があります。

「髪をかきあげるしぐさは〜」とか、「脚を組む女性は〜」とかはどうでもいいんです。
誰の前だろうと髪なんて邪魔ならかきあげるし、普段から脚を組む癖があれば組みます。

相手から何を言ってきたか、何をしてきたか(相手から誘われたなど)ではなく、こちらの行動に対して相手がどう反応したかが大事になります。

わかりやすい例を一つあげると、女性は好意のある相手が冗談を言ったら、それがつまらないオヤジギャグでも面白いと感じてしまうものです。でも、大嫌いな相手ならどんなに面白いことを言っても笑わないでしょう。

好意のある相手が話していれば、興味のない内容でも頑張って理解しようと一生懸命聞き入ります。でも、好意がなければ話が面白くなければ適当に聞き流します。

こちらの行動(冗談・話)に対して、相手がどう反応するか(笑う・シラける・聞き入る・聞き流す)。
この例だけでは、好きか嫌いかは判断できません。でも、こういう判断材料のつみ重ねで、確実に好意があるかどうかは判断できます。

繰り返しますが、こちらの行動に対して向こうがどういう反応をしたのかが大事です。「向こうから誘いのメールが来た」というのは、もちろんある程度良い反応には違いありませんが、それよりも 「こちらの誘いに乗ってくるか」のほうが好意があるかどうかは判断しやすいのです。

なぜなら、こちらの誘いは「どう誘うか」をこちらで決めることができるからです。

どうやって好意を判断するか

一つ例をあげましょう。

たとえば「2人でディズニーランド行こう」という誘いを出してみます。

実は、これはなかなか重い誘いです。重すぎはしませんが、ある程度の好意がなければ絶対にOKはしてくれません。
たとえ女性がディズニーランド好きでも、どうでもいい男と2人では行きません。大好きなディズニーランドで楽しくない思い出を作りたくないですから。
こんな少しだけ重めの誘いにも乗ってくるようであれば、それなりに好意は高いと言えるでしょう。

でも、行くことにはOKしたけど「みんなで行こう」と大勢で行くことを提案してきたら、女性がしたいのはあなたとのデートではなく、「ディズニーランドに行きたい」ですね。
でも、凹むことはありません。完全な拒否じゃなく、何人かでで行こうと提案してきているので、「重い誘いをして引かれた」ということはありません。しかも、大勢で行く中にあなたがいてもOK、ということは今後の対応次第でチャンスは十分あります。

このように、こちらの誘いに対して相手がどう反応するかで、好意がどのくらいなのかを判断していきます。

重要なのは 「言葉」ではなく「反応」を見る

好意を判断するうえで重要なのは、
「どういう言葉を返してきたか」ではなく、「どういう反応」をしたかです。

「今度ディズニーランド行こう」という誘いに「お前とは行きたくねーよ」と思っていても「行きたーい!」という返事を返してくる女性はたくさんいます。
なぜなら、日程が決まっていないから、あとで断ればいいと思っているから。
「前にディズニー好きって話しちゃったし、まあ日程詰めてきたら用事があるって言えばいいや」という感じです。

日本人は断るのが苦手な種族です。特に女性は、相手との関係を悪くしないために、断りたくてもきっぱりと断れなかったりするものです。
だから、「今度食事でも」と誘われて、本心では断りたいのに社交辞令で「ぜひ、よろこんで」などということはよくあります。

その言葉を鵜呑みにして喜んで誘いのメールをしても、いくら誘ってもデートできないどころか、何度も誘っていると次第にウザがられてメールも無視される・・・
なんていうことはよくある事です。

絶対に行きたくないと思いつつも「その日は予定が・・・」とスケジュールのせいにして断ることもあります。本当に予定が合わないのだと思って何度か誘っていると「ウザイ」「しつこい」と思われてしまうこともあります。逆に本当に行きたいのにどうしてもスケジュールが合わないということもあります。難しいですね。

でも、これは”こちらの誘い方次第”で上手に判別できるんです。

言葉というのは、簡単に嘘をつけるものです。これは男女ともにそういうものです。
言葉は簡単に嘘をつけますが、”行動”ではなかなか嘘をつけません。

特に、人間には”素で反応してしまう時”があります。
ここでの反応を見れば、相手の好意は確実に判断できます。

こちらがどんな行動を起こして、それに対する相手のどんな反応が好意があるのか、どんな反応は好意がないのか、というのを判断していけばおのずと相手の好意はわかってきます。

ディズニーランドの例のように、誘い方と相手の反応で女性の好意を判別する方法は他にもたくさんあるのですが、これは一般公開されているこのサイトでは公開できない内容も含まれるので、コチラのサイトが本家本元なのでこちらをどうぞ。理解が深まり、より正確に女性の好意がわかるようになるはずです。

もう一つ、女性の好意判別のヒント

女性の好意を判断する際に、「好き」か「嫌い」かで判断していませんか?

これがそもそもの間違いです。これに関しては好意の5段階のページで解説していますが、好きにも嫌いにも段階があります。そして、「ちょっと好きかも」と「大好き」な相手では反応が全く違うので、こちらのするべきことも違ってきます。

あなたにも「好き」でも「嫌い」でもない中間の人がいるはずです。
そういう人からいきなり重いデートの誘いが来たら・・・ちょっとイヤですよね。
でも、昼休みに「ランチ一緒に行こう」くらいの軽い誘いなら別にいいと思うでしょう。

そして、この「中間」の好意の場合はこういった軽い誘いから、焦らず徐々に相手が好意を持つように接点をとっていく必要があります。

そう、好意のサインを見抜くうえで重要なことは、「引かれない」行動で女性との接点を失わないように好意を判別することです。極端な話をすれば、「告白」してしまえば「好き」か「嫌い」かはわかりますよね。でも告白では失敗したら引かれて接点を失ってしまう可能性大です。だから、失敗しても接点を失うことがないような行動で好意を判別していく必要があります。

そのためには、「好き」か「嫌い」かではなく、もっと細かく分けて考える必要があります。
細かく分ければキリがありませんが、5段階に分けるとほとんどのケースはカバーできます。

この好意の5段階を知っていれば、あなたの恋愛力は一気に上がるでしょう。

これを極めてしまえば、100%の確率で告白する(100%になるまでは告白せず、相手の好意を高めることに専念して時期を待つ)ことも可能です。

好意の5段階については、浅井真さんという方の理論に基づいています。
当サイト内の説明は好意の5段階のページへ、浅井さん本人による解説は浅井さんのサイトに書かれている好意の5段階とその見抜き方を参考にして下さい。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信