ガールズバー /出会いの場所・出会いを作る方法 あなたが使える恋愛マニュアルの探し方
メールの返信

ガールズバー /出会いの場所・出会いを作る方法

ガールズバーとは、「バーテンダーが女性」という建前の飲み屋です。バーテンダーとは言っても、カウンター内でカクテルを作ったりはしません。キャバクラのような派手なドレスではなく、私服風の親しみやすい雰囲気で、気楽に楽しめるのが人気のバーです。料金も1時間2000円程度(店によります)+ドリンク代と、キャバクラよりは安めの料金です。

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーはキャバクラとは少し違います。 カウンター内でカクテルを作っている様子はなく、キャバクラのような派手なドレスは着ていないので親しみやすい雰囲気があります。身構えずに楽しめるのがガールズバーは人気の理由です。

会話が盛り上がったところで「飲んでもいいですか?」とドリンクをねだってくるところはキャバクラと似ているかもしれません。笑顔で求められると断れない人も多いのでは。

女性のドリンクは男性より高い店もあるようです。男性が1杯1000円なら女性は1杯2000円といった感じですね。しっかりと料金が表示されていて女性にドリンクをおごっても自分で飲むのと同じ料金の店もあります。料金は店によるのできいてみてくださいね。中には女性のドリンク料金の表示などどこにもない店もあるようなので、事前に確認をしておいたほうがいいでしょう。会計時になって高いと思っても、今まで話していた笑顔の女の子に文句は言いにくい方も多いと思うので。

ドリンクは指名料代わり?

女の子のドリンクの“おねだり”を断ってしばらくすると、別の女の子に交代します。女の子へのドリンクは、気持ちよく接してもらうための「サービス料」と、気に入った女の子をつなぎ止めるための「指名料」みたいなものですね。

ガールズバーの女性のタイプ

キャバクラでいう「入店したての新人」「夏休みだけ働いている学生」のような感じ。自給の高いバイトがしたい、でもキャバクラは自信がないという子が居酒屋感覚で働くことが多いようです。

ガールズバーの店員を口説くには?

ガールズバーの店員は、キャバクラほど接客慣れしてプロ意識を持ってやっている子が少ないので、うまくいく確率は高いです。キャバクラのように数字のノルマがないので、メールや電話で営業をして来ません。相手の好意が嘘(営業)なのか本当なのかという駆け引きにならないので、気軽に連絡先交換もしやすいです。

ただし、あくまでも相手はバイト。口説くにはある程度の会話術は必要です。ナンパができると強いですよ。

ガールズバーに「行く勇気がない」なら

ガールズバーに行く勇気が出ないという場合は、会話術を学んでみてはいかがでしょうか?

出会いの場に出て行く勇気がないという場合、なぜかとよく考えてみると、その場でうまく会話ができる自信がないからではないでしょうか?会話術を学んでみたり、女性との会話だけでなくそもそもコミュニケーションが苦手という方は、会話関係トピックス一覧などを参考にしつつ、実際に出会いの場に出て会話の練習をしてみて下さい。

おすすめ恋愛教材

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 
メールの返信