年下の女性を口説く方法 年の差婚への第一歩/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

年下の女性を口説く方法 年の差婚への第一歩

  • 10歳以上年下の女性と付き合いたい
  • 40代以上になっても若い子を口説きたい

加藤茶が年下の女性と結婚、68歳の加藤さんに対して妻の女性は23歳、その差なんと45歳。
堺正章(65)も22歳の差の妻を迎えました。これを機に、女性も年の差を今までほど意識しなくなり、年齢差のある恋愛もしやすくなりました。

過去の年の差婚の例をみると、山本文郎(73)が30歳差、三田村邦彦(56)が26歳差、石田純一(55歳)が21歳差。松本人志(45)が19歳差と続きます。

ブログのカテゴリでも年の差夫婦といったような、年齢差のある夫婦関係を綴ったブログもたくさんあります。今や歳をとっても若い子を口説くというのは、夢ではなく現実的なことになっています。

若い子と結婚したい、付き合いたい

「年の差婚とは、一般的には10歳以上年が離れたカップル」のこと。

年の差婚のように結婚を考えていなくても、30代、40代、50代と、何歳になっても若い子とつきあいたいというのは男の本音でしょう。

では、あなたも若い女性を口説くことが可能なのでしょうか?

「正しい方法」を知ることで、それは可能です。
あなたが雑誌「レオン」に登場するようなイケメンちょい悪オヤジがうまくいった方法を知っても、あなたがイケメンちょい悪オヤジでないなら意味がありません。

”年上男性の魅力”、年上であることのメリットを活かす

年上男性の魅力、男性が年上であることのメリットを上げると、以下のようなものがあります。

  1. 経済的安定性。同世代より給料が高い
  2. 精神的安心感。同世代は頼りない
  3. 婚活による恋愛事情の変化。早く結婚したいので年の差は気にならない
  4. 頼りがいを感じる。今は草食系男子が多く、女子なのに自分からいかないといけないことに不満を持っている

特に4番の頼りがい。草食系男子が多い今、女子なのに自分から誘わないとといけないことに不満を持っている若い女性はたくさんいます。

綺麗な女性、かわいい女性でさえ、自分でデートプランを考え、自分で予約や段取りをし、自分から誘う、ということが当たり前になっているカップルがたくさんあるんです。

「別に苦じゃない」とはいいつつも、本音では男性に引っ張っていってもらいたいものです。自分から積極的に動くことができず、かわいいのにパートナーがいない女性もたくさんいるんです。

自分の知らない世界を見せてほしい、自分のためにいろいろお膳立てしてほしい、自分を喜ばせるプランを男性にいろいろ考えてほしい。これが彼女達の、自分でも気づいていない本音です。

そんな心の中で叫んでいる女性たちに対して・・・

  • あなたが彼女を引っ張っていってあげたら?
  • あなたのこれまでの経験をいかしていろいろ教えてあげたら?
  • 若い子が知らない体験をたくさんさせてあげたら?

そう、みんな年上であるということのデメリットに目を向けがちですが、メリットもたくさんあるんです。そしてそれを活かせば年上であるということはプラスに働き、若いきれいな女性を口説くことができるんです。

男性は自分より年上の女性に対して、つき合ったり結婚したりすることに少し抵抗を感じるかもしれませんが、女性という生き物は真逆で、年上で自分のことをしっかりと守ってくれる男性に強く引かれる傾向にあります。

結局のところ男は常に優位でありたい、女は常に誰かに頼りたいという人間の本能の上に成り立っています。

肉食系女子なんて言いますが、本音では男性から来てほしいんです。

時代に合わせて仕方なくそうなっているけど、心の奥では悲鳴をあげています。「本当は私だって素敵な男性にリードされたい!」。 肉食系女子のように積極的になれず、自分から動けず、一人でいる女性もたくさんいます。 彼女たちを救えるのはあなたかもしれません。

とはいっても、ガツガツした肉食オヤジになれということではありません。
さりげないリード、こちらから誘ってあげる、相手の意見をききつつこちらが決断してあげる。そんな小さなことさえ、今の若い男はできないんです。だからあなたがしてあげるんです。それが、彼女たちを救ってあげるこになり、彼女達との接点になり、付き合うためのステップになるんです。

年下女性を口説くのを阻む「2つの壁」 を最大のチャンスにする方法

1つ、大事なことを話します。
年下女性を口説く際に問題とされることが2つあります。

「話題」と「世間体」の2つです

  • 歳の離れた彼女と話題が合うかな・・・という「話題」の問題
  • 「世間体」は相手の女性、そしてその家族に関することです。10歳以上年上の男性とつきあうということに関するまわりの目、両親や家族の反対などです。

年下の女性を口説こうというとき、この問題に触れずに何となくやり過ごそうとしようとする方は多いようですが、それはダメです。

彼女の頭の中にも必ずある考えです。彼女も心配していることです。

あなたが気にしている年の差、まわりの目、これは相手も同じく気にしていることなので、ここを無視してはいけません。そのことに触れず「問題」のままにしておけばマイナス要素ですが、はっきり言葉にしてしまい、「一緒に乗り越えよう」くらいになれば、これらは「問題」ではなく「共通の目標」になり、2人の関係をより強固なものにします。

年上の男性を求める女性の心理

20代後半、30代、40代50代でも、魅力的な女性はたくさんいます。

でも、女性は20代後半になると「もう年齢が・・・」と思いはじめます。
30代を超えてくると、さらに深刻に考え出します。

彼女達も、自分の年齢を気にしてしまっています。

そして、年齢を気にしている彼女達にとって、年上のあなたは、一言「若いね」と言ってあげるだけで、年齢を気にせず心を開ける異性になります。

こんな年齢の(と思っている)自分を受け入れてくれる数少ない異性の一人になります。
「もっと若い子はたくさんいますよ」などと謙遜で言いつつも、心の中では喜んでいます。

問題は、どうやってそういう女性と出会うかと、そこから先どうやって関係を進めていくかですよね。

あなたが30代後半以上なら、この方法で年下の女性を口説くことが可能です。

そして、歳の離れた年下女性というのは、つきあうことになってしまえば非常に関係性を良く保ちやすいというメリットがあります。男性優位で言うことをきかせやすいんです。

あなたも、年上という事実を「デメリット」ではなく「優位性」に変え、あなた好みの年下の女性を口説いてみてください。最初にも言いましたが、「正しい方法」を知っていれば、あとはその通りやるだけです。失敗を繰り返して試行錯誤して何とか・・・本屋にある「イケメン」が成功した恋愛本を元に間違った努力をしていてはいつまでたっても辛い思いをするだけですが、「正しい方法」さえ知れば、あとは「勇気を持って行動する」か「やらずに何も変わらない」かのどちらかです。

まずは、正しい方法、そして行動。意識してみて下さい。

年の差恋愛攻略術  (無料メールマガジン)
年上の男性というのは、本来は年下の女性から見て有利であるはずなのに、なぜ上手く行かないのか?その原因と解決方法をお伝えします。

年の差恋愛攻略術  メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前(苗字):
Powered By MTSプロ

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信