「私と仕事とどっちが大事なの?」に対する模範解答/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

「私と仕事とどっちが大事なの?」に対する模範解答

奥さんや彼女と長く一緒にいると、仕事が忙しくなかなか相手することができないという時期もあるものです。そんなときに言われるこの一言・・・

「私と仕事とどっちが大事なの?」

この質問に対する回答、実は彼女のことを大事に思っている人ほど答えられなかったり、間違った答えをして彼女を怒らせてしまうんです。

大事に思っているほど答えられないジレンマ

なぜ、大事に思っている人ほど答えられないのか?
それは、あなたがしっかりと彼女のことを気にかけているからです。

気にかけつつも、仕事を途中で投げ出すわけにもいかないし、仕事をしないと彼女と一緒にいるためのお金も稼げない。もっと一緒にいたいけどでも、この先もっと一緒にいられるように今は頑張ろう!・・・というような気持ちであったり、単純に忙しすぎて全然考えていなくて、言われて「はっ」としたり。

どちらにせよ、「たしかに言うとおり。でも仕事をしないといけないんだよ。わかってくれ」という思いが心にあると思います。

だから、「お前も大事なんだけど仕事も大事なんだよ」とか「お前のことが大事だから今は仕事を頑張ってるんだ」が模範解答・・・と思われるかもしれませんが、言ったことがある人はわかると思いますが、この言葉は通じません(笑)

ラブラブの時期や、不満を溜め込まずにけっこうすぐに言ってくる子ならこの回答でもOKかもしれません。

でも、多くの場合”理論的には”正しく見えるこの回答も、彼女には通じません。
なぜかと言うと、”彼女の言葉を言葉どおりとらえてしまっている”のが間違いなんです。

彼女が言いたい本音、あなたに理解してほしい感情は「もっとかまってほしい」「さみしい思いをしていることを理解してほしい」です。それを無視してあなたの「仕事が忙しいことを理解して欲しい」という感情を理論でぶつけてはいけません。

こう言われた彼女がどう思うかというと、「言い訳」です。感情的に理解されないので何とか言い返したくなります。「それならどうしてメールに返信もくれないの?仕事のメールには返信してるよね?ちょっとした時間に返せるでしょ!」と反論されてしまうのがオチです。

「私と仕事とどっちが大事なの?」に対する模範解答は?

「私と仕事とどっちが大事なの?」に対する模範解答は次のようになります。

「お前だよ」です。
(呼び方は「○○だよ」「○○ちゃんだよ」と普段の呼び方に変えて下さい。)

ここはハッキリと言い切って下さい。
「大事と言っておきながら実際は仕事を優先していた・・・だからそんなこと言ったら嘘になる」とか「仕事を優先してたからそんな事言えない、言っても反論される」なんて考えないでまず断言してあげて下さい。

そして、「だけど最近忙しくてあんまり一緒に居れなかったな」と、彼女と一緒に居られなかったことを理解していることを伝えるんです。

確かに、仕事を優先していたなら「お前のほうが大事だよ」と言いにくいかもしれません。
仕事も大事なことを理解して欲しいかもしれません。仕事も彼女もどちらも同じくらい大事かもしれません。だから、「お前だよ」という答えは嘘になるかもしれません。でも、そう言ってあげるんです。それが正解です。

少し前の部分でも書きましたが、彼女が言いたい本音、あなたに理解してほしい感情は「もっとかまってほしい」「さみしい思いをしていることを理解してほしい」です。(彼女に聞いても彼女自身もわかっていなくて何となくモヤモヤして感情的になっているだけかもしれません)

そこに対して、

「お前も大事なんだけど仕事も大事なんだよ」
「お前のことが大事だから今は仕事を頑張ってるんだ」

というのは言い訳に聞こえても仕方ないですよね。
行動と言う事が矛盾しているので「私が大事ならなんで会ってくれないの?時間なんて作れるでしょ!ほら!大事じゃないんだ!」と反論されてしまいます。

そうではなく、

「お前のほうが大事だよ。(断言)
 ・・・だけど最近忙しくてあんまり一緒に居れなかったな」

と理解を示すのと、この違い、わかりますよね?

「私と仕事とどっちが大事なの?」言われたときは参考にしてみて下さい。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信