電話でデートに誘う確率を上げる/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

電話でデートに誘う確率を上げる

恋愛において、デート確率をあげるためのツールは電話です。
メールよりも電話でデートに誘うほうが成功する確率ははるかに上がります。

なぜか?電話は例えば食事やデートに誘うなどの用件を伝えたら、相手にYesかNoかの決断をさせることができます。もしあまり乗り気でなくても断りずらいもの。そして断れなくて仕方なくだったとしても、デートにつなげてしまえばそのままうまくいってしまうこともあるんです。

これがメールの場合だと、無視することができます。
意図的に無視しようとしていなくても、「断るの面倒だから後で返事返そう」と思って忘れてしまっているかもしれません。そこに催促のメールなんか出してしまったら一発で「面倒くさい人」のレッテルを貼られてしまいます。

だから、女性を誘う時はできるだけ電話で誘ったほうがいいのです。

電話での会話を克服する方法

でも、電話はたしかに緊張するし、会話が途切れたらどうしようという不安もあります。
それでも、電話は会話の練習にもなります。怖いことをおそれていたら何も進みません。今の現状のあなたのままで、あなたが理想とする女性を口説くことができるのならそのままでもかまいませんが、そうでないなら何か行動を起こして現状を変える必要があります。

電話での会話を克服するにはどうすればいいか?

それは、「どうでもいい女性と電話をしまくること」です。
多少失敗しても連絡できなくなるようなことはない、というくらい仲のいい女性や、別に振られてもいい女性、そういった女性となら緊張せずにしゃべることが出来ると思います。まずは簡単なところからはじめて徐々にレベルアップしていくこと。これが一番です。

会話が続かないという方は電話が苦手な場合が多いようですが、女性と実際にデートするときは会話が必要です。そして電話で会話ができないようであれば実際のデートでも会話は難しいでしょう。電話は苦手だと逃げていないで克服しなければいけないのです。

電話は苦手という人も多いようですが、恋愛においては電話はとても使えるツールです。大抵の男がメールで済ませようとするなかで、あなたが電話をかけるならそれだけで頼りがいがあると思われます。相手との距離感やタイミングも大事ですが、電話で話せるくらい仲良くなってもいつまでもメールばかりというのは、女性によってはマイナスにとられるリスクもあります。メールよりも電話のほうがデートに誘ったときもOKになりやすく、またメールで何往復もかかる話を電話なら数分で終わらせられます。それだけ早く距離を縮められるということです。

電話はうまく使えば恋愛においては非常に強力なツールです。電話が嫌いという女性もいますが、そういう相手だったらメールにすればいいんです。「できない」のと「できるけどしない」のでは全く違います。あなたの恋愛レベルを高めるためにも、ぜひ電話は克服して下さいね。

会話ネタを用意し、「この会話をする」と決めてひたすら電話しまくる、という方法で克服した人もいます。デート・合コン・飲み会用の会話ネタを覚えて使ってみるというのもアリですね。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信