年の離れた若い女性を口説く「理想の年上男性像」/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

年の離れた若い女性を口説く「理想の年上男性像」

若い女性にとって、年上の男性のイメージは「社会経験が豊富」「頼りがいがある」「包容力があって安心できる」「やさしくて甘えられる」「大人の色気がある」というプラスのイメージがあります。

「男は30過ぎてから」などとよく言いますが、これは30過ぎた男性に対するお世辞ではなく、彼女たちの中には「理想の年上男性像」があります。

女性の「理想の年上男性像」を利用してモテるオヤジになる

しかし、実生活で「頼りがいのある年上男性」との出会いなんて滅多にあるものではないですよね。
「ただの」年上の男性は会社などにいても、「恋愛対象」となる年上の男性はなかなかいないものです。

このところ大物芸能人や人気スポーツ選手などが相次いで年の差婚を発表していることで、そういったイメージに加えて「結婚や恋愛をするなら年上の男性がいい!」という女性が増えているのも事実です。

あなたが30代、40代、50代以上なら、今はまさにチャンスです。20代でも年の離れた年下の女性が好みなら、このチャンスに乗れるかもしれません。逆に今のこのチャンスを逃すと、次の年上男性フィーバーはいつやってくるかわかりません。

あなたが30代後半以上なら、この方法で年下の女性と付き合うことが可能です。
また、年下の女性ととにかくエッチしたいなら、年下の女性とセックスすることだって可能です。

「恋愛対象外のおっさん」にはなるな

とはいっても、若い子との出会いを増やしても「恋愛対象外のおっさん」と認識されては意味がありません。

ただ「年が上の男性」だからいいというわけではなく、彼女たちが求める「理想の年上の男性像」があります。

もっと言えば、彼女たち自身が「こういう人がいい」という具体的なイメージはないかもしれません。でも、出会った年上の男性を「魅力的!」と思うのにはポイントがあります。

そのポイントを挙げる前に、年の差がある女性との間には一つ大きな大きな「壁」が存在します。
この壁を乗り越えないと、そもそも魅力を与えることができるのは雑誌「LEON」に登場するような外見の良いイケてるオヤジだけになってしまいます。

でも、この壁さえ乗り越えれば、あなたも初対面の年下の女性とも親しくなり、年上の魅力を見せていって彼女たちに「この人魅力的」と思わせることができるようになります。

年の差がある女性との間にある大きな「壁」とは

年の差がある女性との間にある大きな「壁」は、彼女たちは年が離れた男性について、初対面の時点では以下のようなネガティブなイメージを持っている可能性が高いということです。

  • 説教くさいんじゃないか?
  • 同年代の男友達にやきもちを焼くんじゃないか?
  • こんな年上と付き合って面白いんだろうか?
  • まわりからどう見られるか?

あなたが雑誌LEONに出てくるような、外見からすでにイケているオヤジでない限り、最初はこのようなネガティブなイメージで見られるのが自然なことだと思ってください。

ただ「年上の男はモテるんだ」と思い込んでいると、このネガティブイメージに遭遇した時点でショックを受けてあきらめてしまいます。

しかし、このネガティブイメージを「想定内」として、これを乗り越えればいいことが待っているというのがわかっていれば、正しい対処ができるはずです。まず、「最初はネガティブなイメージで見られる可能性のほうが高い」そして、「それを乗り越えればおいしい思いができる」(そこを乗り越えるあなたの同年代は少ないため)ということを覚えておいて下さい。

ここで先ほど途中だった「年上の男性を「魅力的!」と思うポイント」に戻ります。
今書いたネガティブなイメージを乗り越えずに、この魅力ポイントだけを意識してもうまくいくいことはほとんどありません。多くの人はこの魅力ポイントを意識しているにもかかわらず、このネガティブなイメージを越えていないために魅力的と思わせるステージにすら立てずにいるため、良い結果が出ていないのです。だから先にこの話をしました。

年上の男性を「魅力的!」と思うポイント

年上の男性を「魅力的!」と思うポイント、それは、とにかく「安心感」を与えることです。
「なんだそんなことか」と思ったかもしれませんが、これこそ強力な強みです。年上男性の与えてくれる安心感というのは、女性にとっては非常に魅力的です。

この安心感を「感じさせる」ことができれば、もう勝ちはほぼ決まりというくらい強力で、ほとんどの人はこの安心感を「感じさせることができていない」だけなんです。

「安心感」とだけ聞いても多くの人はそれを与えることができませんが、先ほどあげた「ネガティブなイメージを乗り越える」ことによって、はじめてこの「安心感」を彼女に意識させることができるようになり、驚くほど強力な武器になります。

年下の女性を口説く場合には、自分の中にある年が離れていることへのネガティブなイメージをプラスのイメージに変えて、「安心感」を強力に感じさせる方法を知れば、年上ということはもはやマイナスではなく、「30過ぎててよかった」「40過ぎててよかった」といった強力な武器になります。

もう一つ、年上の男性を「魅力的!」と思うポイント

年上の男性を「魅力的!」と思うポイントがあります。それは「頼りがい」です。
年上男性の頼りがいというのは、女性にとって非常に魅力的です。

自分の知らないことをたくさん知っていていろいろなところに連れて行ってくれたり、知らなかったことを教えてくれたり、おいしい店を知っていて連れて行ってくれたり・・・

彼女と同じ時間しか生きていない同年代の男ではできないようなことも、経験の豊富な年上の男性はできるんですね。

もし自信がないと思ったなら、ちょっと考えてみてください。

「あなたが口説きたい年下の女性の年齢はいくつくらいですか?」
「その女性と同じ年の男の子と、あなたと、どちらがいいデートに連れて行ってあげられると思いますか?」

10歳以上年下の子たちが知らないような店くらい、いくつも知っていると思います。
知識も経験も、年齢を重ねているあなたのほうが上でしょう。

最近は「草食系男子」などと言われ、男性としてのレベルも下がっています。
見た目ばかりがかっこよい「観賞用」のイケメン君は増えていますが、実際につきあったら物足りなかったり、デートをしてもまったく進展しなかったり、Hが下手だったりと、若い女性たちも悩んでいるんです。

そんな中、あなたが大人の魅力を見せ、スムーズに事を進めていったら彼女たちはどう思うでしょうか?

年下の女性を口説くには、年下女性の正しい口説き方さえ知ってしまえば年上ということはもはやマイナスではなく、強力な武器になります。

年上の男性を求める女性の心理

男性結婚時の妻との年齢差のデータ(厚生労働省 第12回「出生動向基本調査」)を見ても、若い女性は年齢が高い男性を求めているという事実を見てとることができます。つまり、年が離れているというのは不利なことだけではないということです。

20代後半、30代、40代50代でも、魅力的な女性はたくさんいます。

でも、女性は20代後半になると「もう年齢が・・・」と思いはじめます。
30代を超えてくると、さらに深刻に考え出します。

彼女達も、自分の年齢を気にしてしまっています。

そして、年齢を気にしている彼女達にとって、年上のあなたは、一言「若いね」と言ってあげるだけで、年齢を気にせず心を開ける異性になります。

こんな年齢の(と思っている)自分を受け入れてくれる数少ない異性の一人になります。
「もっと若い子はたくさんいますよ」などと謙遜で言いつつも、心の中では喜んでいます。

問題は、どうやってそういう女性と出会うかと、そこから先どうやって関係を進めていくかですよね。

あなたが30代後半以上なら、この方法で年下の女性と付き合うことが可能です。
また、年下の女性ととにかくエッチしたいなら、年下の女性とセックスすることだって可能です。どちらも本質は同じ、マジメに付き合うのがゴールなのかセックスするのがゴールなのか、目的が違うので方法論が違います。

そして、歳の離れた年下女性というのは、つきあうことになってしまえば非常に関係性を良く保ちやすいというメリットがあります。男性優位で言うことをきかせやすいんです。

あなたも、年上という事実を「デメリット」ではなく「優位性」に変え、あなた好みの年下の女性を口説いてみてください。最初にも言いましたが、「正しい方法」を知っていれば、あとはその通りやるだけです。失敗を繰り返して試行錯誤して何とか・・・本屋にある「イケメン」が成功した恋愛本を元に間違った努力をしていてはいつまでたっても辛い思いをするだけですが、「正しい方法」さえ知れば、あとは「勇気を持って行動する」か「やらずに何も変わらない」かのどちらかです。

まずは、正しい方法、そして行動。意識してみて下さい。

年の差恋愛攻略術  (無料メールマガジン)
年上の男性というのは、本来は年下の女性から見て有利であるはずなのに、なぜ上手く行かないのか?その原因と解決方法をお伝えします。

年の差恋愛攻略術  メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前(苗字):
Powered By MTSプロ

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信