成功するプロポーズのしかた・プロポーズを成功させる方法/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

成功するプロポーズのしかた・プロポーズを成功させる方法

プロポーズが成功するかどうかは、相手があなたとの結婚を考えているかどうかにかかっています。好きか嫌いかじゃなく、「結婚を考えている」のか「結婚は考えていない」のかを考慮しなければいけません。

プロポーズは2人の関係とタイミングが大事

プロポーズをする際に考えるのは、相手が「結婚したい」か「結婚したくない」かだけじゃなく、タイミングも大事です。 「今結婚したい」か「今は結婚したくない」かです。

つまり、相手があなたのことをどう思っているかを考えるべきは、以下のどのポイントにいるかです。

  1. あなたのことが好きで今すぐにでも結婚したい
  2. あなたと結婚したいけど今はまだしたくない(仕事や将来の不安など)
  3. あなたのことは好きだけど結婚はしたくない(まだ落ち着きたくない)
  4. もう好きじゃない

1の関係ならプロポーズをすれば成功します。

2の関係は、2つのケースが考えられます。
まずは相手に何らかの不安がある場合です。「好きだけどこの人と結婚して大丈夫なのか?(収入面など)」など、この先ずっと一緒にいることが不安な要素がある場合と、単純に今の仕事を辞めたくないなどの場合があります。前者の場合は相手の不安要素が何かを知り、まずはそれを取り除いてあげる必要があります。後者の場合は、少しタイミングを待ったほうがいいかもしれません。

3の関係は、あなたは「恋人」だけど「夫」ではないと思っている状態です。多くの場合はまだ落ち着きたくない、もっといろんな経験をしたいと思っていたり、そもそも結婚願望がないかもしれません。この状態でプロポーズをしてしまうと、別れの原因になりかねません。友達の結婚の話など、まず相手に結婚ということを考えさせるところから始める必要があります。

4の場合はまず、あなたのことをもう一度好きになってもらうところから始める必要があります。関係改善のノウハウはこの女性との関係構築方法が現時点で知る限りでは一番参考になります。

プロポーズの意思確認

プロポーズの前には意思確認をするのもありかもしれません。

、『ぐるなびウェディング』を運営するジョイジョイによる『プロポーズに関する意識調査』(調査期間は2009年6月25日〜6月30日。20歳〜29歳の女性ぐるなび会員 767人が回答)によると、プロポーズに関して「事前に意思確認があった(26.4%)」「なんとなくあった(55.7%)」「事前に意思確認はなく一発勝負(17.8%)」と、80%以上の男性が相手の女性にプロポーズ前に意思確認をしているそうです。

プロポーズの言葉

ここまでを読んでいただいたあなたなら、プロポーズの成否はプロポーズの言葉で決まるものではないことは理解いただけたと思います。とはいえ、プロポーズの言葉が悪ければ女性の喜びも半減してしまいます。あまりにひどければOKだったはずのプロポーズが断られてしまうということにもなりかねません。

また、定番のプロポーズの言葉が流される(プロポーズだと気づかれない)というケースもあるようです。

ANAクラウンプラザホテルの調査「プロポーズに関する意識・行動調査」(2009年1月に実施・20代から40代までの既婚・未婚男女、1107名が回答)によると、「一生幸せにする」、「一生守っていく」――といった“プロポーズの定番”と思われていたフレーズが“プロポーズされた”と受け止められない場合が多いようです。同調査では前述の言葉をプロポーズの言葉として受け止める人は37.4%のみになり、約6割の人がプロポーズだと気付かずにいるか、深く考えずに受け流してしまうことが明らかになりました。

“プロポーズした・されたとみなす行為”について、最も支持が高かった言葉は、「結婚しよう」というストレートなフレーズ。このフレーズはプロポーズしたい人は75.5%、プロポーズされたい人からは70.0%の人が「求婚した・された」と認識されたそうです。

逆に、プロポーズだと気付かれない確率が高いのは、「親に会ってください」(17.2%)、「エンゲージリングを渡される」(17.6%)など。 これではプロポーズとはわかりませんね。

データ出典:ANAクラウンプラザホテル「プロポーズに関する意識・行動調査」
(2009年1月に実施・20代から40代までの既婚・未婚男女、1107名が回答)

プロポーズのシチュエーション

同調査によると、未婚の男女が憧れる「プロポーズする・されるシチュエーション」は、「自分または相手の家・部屋」(26.2%)、「夜景のきれいな場所」(13.5%)が上位になっています。

男女別でみると、20代の男女では「家・部屋」は男性24.5%、女性37.3%と女性のほうが多いのに対し、「夜景」は男性19.6%、女性12.9%と、男性からの支持が高かったようです。

未婚男女が憧れる「プロポーズする・されるシチュエーション」は、「自分または相手の家・部屋」(26.2%)、「夜景のきれいな場所」(13.5%)が上位に。男女別でみると、20代の男女では「家・部屋」は男性24.5%、女性37.3%と女性のほうが多いのに対し、「夜景」は男性19.6%、女性12.9%と、男性からの支持が高かった。同社は「この男女の温度差は30代、40代にも共通してみられる」とコメントしており、「男性のほうがロマンチックな場所にこだわるようだ」と分析している。

オリコンランキング

また、プロポーズに関して「王道のプロポーズ」か「サプライズ」かといった調査では、王道派72.4%・サプライズ派27.6%と、圧倒的に王道派が多いようです。

理想のプロポーズは王道orサプライズ? OL白書Vol.43

また、プロポーズに関してはぐるなびウェディングによるこのような意識調査もあります。

プロポーズのシチュエーションについて、未経験者に「どのような状況でプロポーズされたいと思いますか?」、経験者に「どのような状況でプロポーズされましたか?」と質問すると、いずれも「二人きりのとき」が1位となりました。しかし、未経験者の48.7%が「キレイな景色を見ながら」を選んだのに対して、実際に経験した人は10.9%だけ。女性の多くが夢見るプロポーズのシチュエーションは、なかなか実現されていないようです。

「プロポーズされる時にプレゼントは欲しいと思いますか」という質問に対しては、未経験者の64.5%が「指輪がほしい」と答えていますが、経験者のうち指輪をもらった人は16.2%だけ。さらには74.8%の人が「プレゼントはなかった」と回答しています。「婚約指輪は給料の○か月分」なんて話は、過ぎ去った時代の伝説になりつつあるようです。

ガジェット通信

プロポーズに関して現実としては女性の夢はなかなか実現しないようですね。
とはいえ、そんな現実だからこそ女性の夢をかなえてあげるプロポーズは彼女の記憶にも残るものです。

男性のためのプロポーズ応援サイトなどもありますので、まずは女性との関係構築方法で彼女との関係を完璧に作り上げたら、プロポーズという時にはいろいろと参考にしてみてはいかがでしょうか?

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信