失恋で「卑屈になる人」と「前向きになる人」の分岐点とは? /恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

失恋で「卑屈になる人」と「前向きになる人」の分岐点とは?

失恋で「卑屈になる人」と「前向きになる人」の分岐点とは?という記事です。
失恋をしたとき「卑屈になる人」と「前向きになる人」の2パターンに分かれます。

あなたはどちらのタイプですか?

失恋で「卑屈になる人」と「前向きになる人」

記事によると「相手に感謝する」ことができるかどうかが失恋で「卑屈になる人」と「前向きになる人」の分岐点なんだそうです。

あなたのまわりの「失恋して卑屈になってしまった人」を思い出してみてください。

「相手を恨んでいる」もしくは「相手に対して怒っている」はずです。

辛い気持ちを乗り越えて相手に感謝できるようになったとき、過去の経験をふまえて前向きになり、より良い恋愛に進んでいけるんです。

でも、どうしてもあきらめきれない恋もあります。

あきらめきれない失恋を復活させるには

なぜあきらめきれないかと言うと、本気を出し切れていないからです。

もっと伝えたいことがあった。ちゃんと伝わらなかった。わかってもらえなかった。誤解されたままだった・・・そんな状態で終わった恋はあきらめきれません。

あきらめる前に100%出し切りましょう。

別れた彼女とどうしても復活したい・・・

どうすれば復縁できるか、案がありますか?気持ちが伝われば「重い」と思われず復活できると思いますか?ちゃんと戦略を持って行動して下さい。4ステップの方法で彼女との幸せだったあの頃の関係を取り戻せます。あの子との関係を復活させるには ⇒ 4ステップの方法

と、話が逸れてしまいました。
記事に戻ります。

失恋で「卑屈になる人」と「前向きになる人」の分岐点とは?という記事です。

大恋愛にも、時として「終わり」が訪れます。
相手のことが好きであるほどに、失恋の痛みは辛いでしょう。

また、自分の責任ではないのに、
なぜそのような失恋を迎えなければならなかったのか、
それを自分自身で納得させることは難しいでしょう。

失恋は、人間の精神のとても複雑な部分にダメージを与えます。

したがって、

「頑張れ!」や「また良い相手が見つかるよ!」のような、
単純な言葉はむしろ虚しく聞こえるんですね。


失恋の精神的なダメージは、
正直に言うと時間が癒してくれます。

皆さんも、失恋をしてしばらくすると、
徐々に心のダメージが消えていき、

「あの時は失恋したなぁ〜」

と、いつの間にかケロッとした顔で話せるようになっています。


しかし、そんな日が来るのはいつのことなのでしょうか?

明日ですか?明後日ですか?来週でしょうか?それとも来年でしょうか?

もし、あなたの心の傷が完全に癒えるまで、
仕事も友人関係も「お休み」できるなら問題ないでしょう。

傷が癒えるまで、何もせずにジッとしていれば良いのですから。

でもそうはいきませんよね?

話を聞いてくれる友人はいるでしょうが、
友人の全てが親身になって話を聞いてくれるとは限りません。

また、仕事にしてもそうです。

人間関係が上手く構築されている職場なら、
同僚や上司から一定の理解は得られるでしょう。

しかし、それを顧客に見せて良いのでしょうか?
サービス業の方なら、それをお客さんに見せても良いのでしょうか?

さらには、友人や知人はあなたを心配しています。
そんな心配を、ずっと友人・知人に押し付けたままで良いのでしょうか?


失恋による心の傷は、前述の通り、
いずれ時間が癒してくれます。

ところが、それを待っていられない状況があるのも上記の通りです。

ならば・・・


「時間が心を癒してくれるまでの、心を健康に保つ何かがあれば・・・」


とは思いませんか?

いずれ癒える傷なのですが、癒えるまで自分を守ってくれるような、
そのような「癒えるまでのつなぎ」、あるいは「考え方」があれば、
待っていられない状況の中でも強く生きられるのではないでしょうか?


恋愛心理カウンセラーである五十嵐玲子先生は、

「癒えるまで自分を守るための、ものの考え方」

これを長年にわたって研究、提唱されています。


失恋によって生まれてしまった傷は、
そう簡単に治るではありません。

ならば、「心の自然治癒」を待つのと同時に、
その間のあなたを守ってくれる「考え方」を教えてくれるのです。

たとえば・・・

「失恋して自分が失ったものと同じ大きさのものを、相手も失っている」

ということです。

よく考えれば当然のことですね。

失恋はお互いに同時に訪れるものなので、
失うものの大きさもお互い同じはずです。

ただ、「自分のほうが失ったものが大きい」と錯覚しているために、
失恋の傷が余計に深くなってしまうのです。


また、失ってポッカリと開いた穴の部分に、
「新しい何かを入れる」という点も追及されています。

別に「新しい恋人を見つけろ」とは言っていませんよ(笑)

ただ、「失ったからこそ得られる物がある」という考え方が出来れば、
傷を一時的にも塞ぐ(ふさぐ)ことは十分に可能なのです。


さて、このような一時的な「考え方」を色々と学び、
傷が自然治癒するまで待つことになるのですが、
このDVDの最後のチャプターはぜひとも注目してください。


「相手に感謝する」


というキーワードで締めくくられています。


「そんなの無理!」


と、最初は思ってしまうことでしょう。
もちろん、感謝を強制することはありません。

しかし、まさにこの点こそ、

「失恋を通して卑屈になるか、あるいは前向きになるかの分岐店」

と言えるのです。


失恋以降、卑屈になってしまった人はいませんか?
あなたではなく、あなたの周りの人たちを見渡してください。

もしいれば、その人をジッと観察してみましょう。


「いまだに、相手を恨んでいる or 怒っているはずです」


たしかに、怒りたくなる気持ちは理解できます。
しかし、怒りや憎悪は、心を萎縮させてしまいます。

萎縮した心理状態で、明るい明日など見えるのでしょうか?


「もう大丈夫!だって、私には明るい明日があるから♪」


と、自然に思えるようになってこそ、
「前向きな自分」に生まれ変わるのです。

そのためにも、相手への感謝は必要不可欠です。
相手への感謝を平気で思えるようになると、

「失恋したからこそ、得られた物も大きかった!」

という、まさに前向きな心理が芽生えることを知ってください。


「でも、いつ感謝の気持ちが生まれるのかな・・・?」


という疑問もありますね。

タイミングはいくつかあると思いますが、

「自然治癒したとき」

これが、最も感謝しやすいタイミングだと思いますよ。

ですので、五十嵐先生の「支えとなる考え方」で自然治癒を待ち、
自然治癒したなら、積極的に相手に感謝しておきましょう。

そしてその瞬間こそ、


「あの時は失恋したなぁ〜」


と、ケロッとした顔で話し出せる瞬間でもあるのです。

◆失恋からの復活!
⇒ http://happyclick.ne.jp/pre002/index.html

アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

恋愛がうまくいかない一番の理由

恋愛がうまくいかない一番の理由、というかカベがあります。

それは、女性と連絡がとれなくなることです。
連絡がとれなくなってしまったら口説くどころか仲良くなることもできません。そうならないためにはどうするか?また、すでに連絡がとれなくなってしまった女性と復活させるにはどうするか?については連絡がとれなくなった女性と復活する方法に書きました。

とにかく、女性と仲良くなる方法ができていないと、せっかく知り合っても連絡がとれなくなってしまいます。上手に連絡がとれる状態をキープし、心を開いてもらったうえで相手に魅力的と思わせる。これができるようになれば、あなたは好きな女性を口説くことも、たくさんの女性と関係をもつことも、恋愛においては自由な生活を楽しむことができるようになります。

これは今好きな人がいる人も、これからこれから人生で出会う女性に対しても、一生を通して使えるスキルなのでぜひ見につけて下さいね。

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信