婚活で結婚前や付き合う前に判断すること /恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

婚活で結婚前や付き合う前に判断すること

婚活で結婚前や付き合う前に判断することという記事です。
婚活ブームに乗って婚活をしている人は男女共に多くなっています。

婚活の際、結婚前や付き合う前に相手のどういう部分を見ていますか?

婚活の際相手のどういう部分を見ていますか?

記事によると「自分と良く似た環境の人を選ぶ」との事です。

今の日本では「婚活」なしでの結婚はできなくなっています。

統計から見ると、明らかに、晩婚化と非婚化が進んでいて、
結婚が、もはや結婚活動無しでは難しくなってきているのです。

  男性、女性、それぞれに、結婚しない、
出来ない理由があります。
ひとことで言えば、
社会的経済的状況が変化しているにもかかわらず、
意識そのものは昔とそんなに変わっていないということです。

  女性の多くは、やはり男性に経済的に依存したい、
あるいは依存できるだけの力のある男性と結婚したいと思って
ますし、
一方、男性も仕事だけに集中し、ワーク・ライフ・バランスの
ライフのすなわち家庭の方は妻に任せてしまうという事です。
そして、仕事以外のことに関係するのは定年後からでと思って
います。

こと、結婚に関しては、過去の考え方を引き継いでいるわけです。

  さらに、結婚そのものについては、男女とも、
自分で特に積極的に何かをしなくても、自動的にことが進み、
思い通りの生活が送れるハズといまだに思っている節があります。


  たしかに親の世代、昭和の時代はそうでした。
  でも、今は違います。

  特に男性については、バブル崩壊後のロストジェネレーション
  (不況による就職氷河期に就職した、1970年代生まれの人たち)
あたりから、
経済格差による結婚のチャンスの格差も生まれてきていると
いわれています。

つまり、一部の男性のところに女性が集中し、
そのほかの多くの男性には、結婚どころか、
女性と付き合うチャンスすらないという状況です。

  さらに悪いことに、そうしたいわば「負け組み」と自分で思っている
男性たちで、
生身の女性と付き合うことをあきらめてしまっている層が多数存在
することです。

  これを女性たち側から見るとどうなるかというと、もはや、
かつてのように、待っていれば向こうからだれか、声をかけてくる、
ということはないのです。

  そして、「婚活」すなわち「結婚活動」の必然性がクロージアップ
されてくるのです。


  では、如何すれば、結婚相手を見つけられるのでしょうか?

  25歳の時に私がメンターから云われたことは、
  良い結婚相手とは
  「自分と良く似た環境の人にしなさい!」でした。

  「親兄弟の親戚の中に同じ名前の人がいる」
  「親兄弟や親戚に同じ職業の人がいる」
  「兄弟の構成が似ている」
  「家の宗教が同じ宗派」
  などなど・・

  似ていればいるほど、二人のつながりが強いといえます。
  良い結婚相手は、先祖が同様に結婚していた場合が多く、
  その場合は、結婚してもスムーズに生活していけるのです。

  余り、極端に惹かれる相手は、敵同士であった場合があります。
  そういう相手と結婚した場合は、最初は良くても、
そのうち殺し合いにまでにこじれる場合があります。

  付き合い始める前に、冷静に相手を判断しましょう。

アーティクルリソース:http://www.infomake.org/

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

恋愛がうまくいかない一番の理由

恋愛がうまくいかない一番の理由、というかカベがあります。

それは、女性と連絡がとれなくなることです。
連絡がとれなくなってしまったら口説くどころか仲良くなることもできません。そうならないためにはどうするか?また、すでに連絡がとれなくなってしまった女性と復活させるにはどうするか?については連絡がとれなくなった女性と復活する方法に書きました。

とにかく、女性と仲良くなる方法ができていないと、せっかく知り合っても連絡がとれなくなってしまいます。上手に連絡がとれる状態をキープし、心を開いてもらったうえで相手に魅力的と思わせる。これができるようになれば、あなたは好きな女性を口説くことも、たくさんの女性と関係をもつことも、恋愛においては自由な生活を楽しむことができるようになります。

これは今好きな人がいる人も、これからこれから人生で出会う女性に対しても、一生を通して使えるスキルなのでぜひ見につけて下さいね。

>> 恋愛話トピックストップへ戻る

メールの返信