メール術の基本・送ってはいけない内容 メールで口説く恋愛メール術/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決トピックス
メールの返信

メール術の基本 メールの文章量

女性にメールを送る際、メールの文章量はどのくらいが丁度良いのでしょうか。

丁度良い文章量は、相手に合わせること

短いメールに対して長文の返信は、「重い」と思われやすいので注意が必要です。
短いメールを送ったのに長文で返ってくると、「長文で返事をしないと」何か悪いかなという気分になりますよね。普段短いメールを送る人は、長文で返すのは面倒なので後回しにされ、忘れられてしまいます。送るたびに長文で返ってくると、「面倒だからこの人とメールしたくない」と思われてしまいます。

こちらが「そんなことない、短くてもいいから返事欲しい」と思っていたとしても、それを相手に伝えていなければ関係ありません。

また、こちらが長く書いて、相手は短いメールで返信してくるという状態が普通だと、相手から立場が下に見られている可能性が高いので注意が必要です。

また、長文メールを送ってくる相手には、それなりの文章量で返信したほうがいいでしょう。
長く書いたメールに対しての返信があまりに短い内容だと、「この人は感覚が違うな」と思われてしまいます。

「長文派」と「短文派」のメールを送る感覚

長文のメールを送ってくる人は、メールを「手紙」のような感覚で送っている人が多いです。

書きたいことを書きたいだけ全部書いて送信する。
相手の返信に対してまた書きたいことを全て書いて返信する。まさに「手紙」ですよね。

逆に、短文のメールを送ってくる人は、メールを「会話」のような感覚で送っている人が多いです。

「ねえ」「何?」「この間言ってた○○行った?」「行ったよ」「どうだった?」というように、会話のようにメールをやり取りします。

この感覚が間逆だと、「合わないな」という印象を与えてしまいやすいので注意しましょう。

 

以上はメール術の基本ですが、上級者はこのようなメール術を使っています。会話と違ってメールは時間差があるので、メールのテクニックは知識さえあれば誰でも使えてしまいます。 記憶する必要も無く、マニュアルを見ながらでも使えてしまいます。メールですからね。

しかも、メールは今や重要なコミュニケーションのツール。メールだけで惚れさせることも可能です。(メールだけで惚れてしまった経験、ありませんか?) 上級者のメール術を盗んでメールを使いこなしていきたいですね。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 

メールも会話も苦手な男を【メールだけで惚れさせる】恋愛メールマスターに変えた
女の子を合法的に”恋愛モード”にするメール術「スナイパーメール」とは?
>> スナイパーメール

もう、女性に送るメールで迷うことは二度となくなります

>> メール術トップに戻る

メールの返信