メールで告白してもいい?/成功する告白のしかた/恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛相談・恋愛の悩み解決
メールの返信

メールで告白してもいい?

「メールで告白して付き合うことになった!」「告白?メールでしたよ」
今はメールも重要なコミュニケーションツールになった時代。メールでの告白でうまくいった人もまわりにいると思います。一方で、メールでの告白には大きなデメリットがあるので注意が必要です。

相手がメールでの告白を受け入れるか?

まずはじめに、メールでの告白を受け入れられる人と、「メールで告白なんてありえない」と考える人がいることを頭に入れておく必要があります。

後者の人はメールでの告白を「大事なことを直接言えないなよっちい奴」と考える人もいるので、せっかくいい関係を築いたのに、「なんでメールで?」とそこで一気に引いてしまう人もいるという大きなリスクがあります。

メールでの告白は、相手がメールでの告白を受け入れられる人であることが確定できるまではしないほうがいいでしょう。

メールでの告白は断りやすい

メールでの告白は、相手がメールでの告白を受け入れられる人なのかどうか以前に、やめるべきであるもっと重要な理由があります。

それは、「断りやすい」ことです。
実際に会って告白するより、メールのほうが告白しやすいでしょう。
でも、言いやすいのと同様、相手も「断りやすい」のです。告白するのは非常に勇気が必要でエネルギーを使いますが、同様に断ることもエネルギーを使います。

これは、告白だけでなく、デートの誘いなども同じです。電話や実際に会ってるときより言いやすいのでメールで誘う人が多いようですが、相手も断りやすいということを頭に入れておいて下さい。

返信があるまで気になってしかたない

これは告白した側の話ですが、告白メールを送った瞬間から気になって仕方なくなりますよ。
相手が忙しくてメールが返せない状況であろうと、何て答えるか迷っているとしても、嬉しくて長文の返事を書いていても・・・

返信があるまで気になって気になって仕方なくなるでしょう。
そして、耐えられずに返事の催促をしてしまったり、相手の返事を待たずに勝手に不安になって「失敗した!」と思い込み「冗談です」といったような内容のメールを送ってしまったりといったヘタうちをしない強い心を持っていますか?

相手の表情が見えない

これは説明するまでもありませんね。せっかくOKをもらうなら、その時の相手の喜ぶ顔を見たくありませんか?

もっと重要なこと

メールで告白するか、電話か、mixiか、twitterか、直接会って告白するか?
それ以前にもっと重要なことがあります。

それは、「相手があなたのことを好きかどうか」です。
そもそも相手が好きじゃなければメールだろうが直接だろうが告白は成功しません。

どうしても告白を成功させたい!そんな相手に告白をする時は、こんな「卑怯な」方法を試してみるのもアリでしょう。卑怯というのは、女性からしたら「こんなふうに告白されたらずるい(断ることができない)」と思われてしまうような方法です。

何度も使うのはあまりおすすめしませんが、成功率は高いので「今こそは!」というときにはこれを試してみたり、切り札として知っておくのもアリかもしれません。 >> かなり「卑怯な」告白術

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 
メールの返信