AVのような言葉攻めをしてみたい・言葉責めのやり方 /恋愛マニュアルの注意事項 - 恋愛の悩みを克服する方法と恋愛レベル
メールの返信

AVのような言葉攻めのやり方

「AVのような言葉攻めをしてみたい」というあなたの望みを叶える方法があります。

「AVのような言葉攻めをしてみたい」という方は意外といます。でも、普通の子にいきなり言葉攻めをやると引かれます。

いきなりやると引かれてしまう言葉攻めですが、うまくやるとものすごく効きます。ただし、言葉攻めをするには「正しい手順」があり、この順番を守らずにやるとほぼ確実に引かれますので注意して下さい。

言葉攻めのやり方

言葉攻めをどうやるかというと、実は簡単です。ただ、その前に、まずは「女性を口説く時」のことを考えてみて下さい。

知り合ったばかりの女性にいきなり”好意”をガンガン示したら引かれますよね。 徐々に距離をつめていく必要があります。

ある程度仲良くなって初めて”好意”を示すことが有効となってきます。 超イケメン君はいきなり好意を示しても大丈夫かもしれませんが、普通はこの”徐々に”というタイミングが重要です。

言葉攻めも同じで、徐々に慣らしていくというのが非常に大事です。

まずは女性が気持ちよく感じたときに「気持ちいいの?」と聞き、「気持ちいい」と自分で言わせると女性もスイッチが入ってきます。これはHのときの会話は何を話せばいい?で書いた「実況中継」も言葉攻めの最初の段階として有効です。

「気持ちいい?」の正しい言い方

女性に「気持ちいい?」と聞くときに重要なのは、あなたが「気持ちいのかな?」と不安になって聞く「気持ちいい?」はヘタレ感を出して女性を冷めさせるので絶対によくありません。

相手の反応から「今すごく気持ちいいんだ」というのがわかったうえで、Yesと言わせるために「気持ちいい?」と聞くのが大事です。

これはすごく重要ですよ。この言い方なら引かれることはありません。

言葉攻めのスイッチを徐々に入れていく

これが言葉攻めのまず最初の第一歩です。こうやって徐々に女性のスイッチを入れていき、徐々に段階を経て言葉を強くしていきます。そうすると、どんな言葉も受け入れるようになってきます。あなたがすごい言葉を発して服従させることもできるし、このモードまで来ると相手の女性にAVのようなすごい言葉を言わせることもできます。

しっかりと段階を経ていけば、AVのような激しい言葉攻めもできるし、そんな激しい言葉を使わなくても、言葉で女性の感度をものすごく高めることもできます。

この言葉攻め、始めは私も効果は半信半疑でしたが、このやり方を実際に使ってみて本当に効果が高いと実感しました。

言葉攻めが上手くいかない場合の対処方法

「気持ちいい?」という問いかけに対して「うん」としか言わなかったり恥ずかしがって「いや」と言ったりする子もいますが、そんな時もちゃんと対処方法があります。

「そもそもどうやったら気持ちよくなるのか?」という方にも、ちゃんと答えがあります。

それは、石井哲平さんという方がDVDで教えてくれています。言葉攻めを実際に自分でやってみたいという方はぜひじっくりと見て下さい。どういう言葉でどういう順序で攻めるか、声のトーン、強さ、タイミングなど、すごくわかりやすいです。言葉攻めだけでなく、愛撫の仕方やHへの誘導の仕方など、Hのテクニックも教えてくれています。

この石井さんの教えてくれる「言葉攻め」は、AVを見て思っているようなものではなく、”女性の快感をより高めるように誘導をする言葉の使い方”です。

でも、この「言葉で快感を高める」ことができて、はじめてAVのような言葉攻めもできるようになります。なのであなたもAVのような言葉攻めをしてみたいと思うのであれば石井さんのやり方を実践してみて下さい。

Hの会話を知るためのおすすめ動画:石井哲平さんのDVD

石井哲平さんのDVDはこちらです。PDF版のマニュアルもありますが、しゃべり方のトーンなどを動画で見て聞けるDVDをおすすめします。

Hのときにどんな会話をするか、どんな会話をすれば女性の感情を高めていけるのか、Hの一連の流れや愛撫のしかた、愛撫で手を動かすスピード、女性が気持ちいい愛撫でのタッチの方法(普通の男は知りません)だけでなく、女性の中に入れたときの指の動かし方(わかりやすい!)から挿入のタイミング、女性が気持ちいい体位まで、Hのときの会話だけでなく、H全般のかなりわかりやすいDVDです。

このやり方をうまく使えたときの”女性がどんどん淫らになっていく反応”は見ているだけで快感だし、こんなHをする男は他にいないので女性はあなたから離れられなくなりますよ。

  このエントリーをはてなブックマークに追加  このエントリーを含むはてなブックマーク    
 
メールの返信